学生

個人のやる気スイッチを引き出すなら|個人指導塾を活用しよう

教科によって工夫しよう

女性と男の子

自分に合う方法を見つける

中学受験の勉強法では、国語や英語、数学などそれぞれの教科に合わせて勉強法を変えて工夫することが、ライバルと差をつけるために重要なポイントとなります。例えば、国語で漢字を覚える際にノートに何度も書くことで覚えることができたからと言って、その方法が英単語を覚える際にも役に立つとは限らないということなのです。また、数学を解く際にも勉強法を工夫する必要があります。中学受験の数学の勉強法としては、簡単な問題をミスせず素早く解くということが大切です。簡単な問題で確実に点数を稼ぐことができれば、その分じっくりと難しい問題に取り組むことができるからです。このように中学受験においては、それぞれの受験生が簡単な問題で差がついてしまうことは少ないとされています。いかに難解な問題で得点するかということがポイントとなるのです。そのため、教科によってだけでなく、数学という一つの教科の中でも勉強を工夫することが非常に役立ちます。つまり、時間を制限してプレッシャーをかけられた状態で簡単な問題を数多く解く練習と、難しい問題を解答を見ずにじっくりと時間を気にせずに解答するという練習を2種類行うことによって、中学受験における数学を得意教科とすることができるのです。子供たち一人一人によっても合った勉強法が異なるということを念頭に置かなければいけません。ある子供は何度もノートに書くことで覚えやすいこともあれば、音読をすることで頭に入りやすい子供もいるのです。