気をつけていても失くしてしまうのが鍵~鍵屋さんの底力を知ろう~

気づかずになくしている

普段何気に使っている鍵も、気づいたらなくしているなんてことはしょっちゅうです。一体どのタイミングで紛失するのか、ランキングでまとめてみました。

鍵をなくしやすいシチュエーション

no.1

玄関

普段靴箱の上に鍵を置く習慣がある方は注意が必要ですよ。気づかないうちに下に落ちてしまうため、根気よく探さないと見つかりません。

no.2

駅構内

財布や定期券をポケットから取り出す時にうっかり落としてしまうことがあります。特に人混みで溢れている駅構内は、雑音がすごいので落としても音に気付かず、そのままでしょう。

no.3

家に帰宅した時

次に多いのが買い物から帰宅した時もよく紛失します。買い物から帰ってきた時はあれもこれもやらなければならないと頭が一杯なので、鍵をそこらへんに置いてしまいがちでしょう。

no.4

車内

家や車の鍵を別々に持っている場合も注意が必要です。社内には少しの隙間が多数あるため、不注意で落としてしまう傾向にあります。物をよく落とす場合は要注意でしょう。

no.5

置き忘れ

外出先でトイレに行った場合や外食した時に鍵をテーブルに置いたまま食事することがあります。この場合も、鍵を紛失するきっかけとなります。忘れないようにすぐかばんにしまう必要があるでしょう。

気をつけていても失くしてしまうのが鍵~鍵屋さんの底力を知ろう~

考える人

鍵をなくした時の対応

鍵をなくしてしまったら、防犯のために警察へ紛失届けを出すと思います。しかし届け出を出しても鍵が見つからない場合は、鍵交換をする必要があるでしょう。悪い人の手に自宅の鍵が渡ってしまった時に自宅が危険にさらされてしまうからです。

鍵交換にかかる時間

鍵交換は時間がかかりそうなイメージがありますが、鍵屋さんなどのプロの手にかかれば約15分ほどで鍵の交換が可能です。鍵の種類によっても時間は異なるので、問い合わせ段階で時間を確認しましょう。

インロックしてしまったら

インロックしてしまった場合にも、扉が開かないという点では同じことなので鍵屋さんを頼ることは可能です。即日に対応が可能なのか確認をして依頼をしましょう。

防犯性の高い鍵vs低い鍵

防犯性の高い鍵

防犯性に優れているものというのは、一つの扉に施錠が最低でも二つある扉のことを指します。さらに鍵の作りが精巧なものを選ぶのがポイントです。

低い鍵

防犯性の低いに値するものは、一つのドアに鍵が一つしかないパターンを指します。さらに、鍵穴などが劣化している場合も危険なので修理が必要になるでしょう。

広告募集中