女生徒

個人のやる気スイッチを引き出すなら|個人指導塾を活用しよう

多様性をアピールしよう

勉強

大学に入学する方法としてao入試があります。ao入試では、大学が求めている人物像に合致している受験生が求められています。小論文や面接試験などを通じて自己の人間性を的確にアピールすることが求められている選考方法なのです。

教科によって工夫しよう

女性と男の子

中学受験の勉強法を考えるうえでは、それぞれの教科によって勉強法を工夫するということがキーワードとなります。また、教科の中でも問題の傾向によって取り組み方を変えることでより受験に必要となる実力を身につけることができるのです。

千葉県にある面白い高校

女性

個人の得意分野を伸ばすことに重点を置いた興学社高等学院は、学校を苦手とする人にも評判の良い学校です。ゲームやダンスといった個性的な科目があるので、自分の好きなことを極めることができます。また、進学を目指す人には特進科も設置されており、本格的に有名大学への進学を目指すことも可能です。

有名な個別指導塾です

ウーマン

独自の分析ツールを活用

やる気スイッチグループでは、様々な教育サービスを提供することで子供たちの夢や人生をサポートします。やる気スイッチでは教育サービスとして、スポーツ教室や英会話スクールなど複数のスクールを展開しています。その中で最も有名なのが個別指導塾かもしれません。生徒1人1人に合わせたフルオーダーメイドの個別指導学習塾として、全国各地に教室を展開しています。誰もが持っているやる気スイッチを入れるために、生徒1人1人の性格や学力をしっかり分析します。入塾時には、生徒の個性や性格を知るためにやる気度診断テストを実施します。この診断テストには200程度の設問があり、それに回答することで学習習慣や生活習慣などが分析されます。この分析結果をもとにして、学習の進め方や課題の出し方などを検討します。例えば課題の出し方によっては、普段消極的な生徒のやる気スイッチがONになることもあるのです。やる気スイッチが入るためにはどのように勉強を進めていくべきか、その道しるべがハッキリすると良いです。独自の成績アップシステムを活用して、つまづきの原因を可視化させます。一つの単元だけを見ていくだけでなく、関連する単元を系統図にすることで、それぞれの関連性をハッキリさせます。系統図を使うことで、関連単元のどこが苦手なのかがハッキリするので、その分野を強化して全体の学力アップが目指せます。このようにやる気アップシステムや成績アップシステムを活用することで、生徒のやる気スイッチを引き出していくのです。